本当に怖いトイレの水漏れ被害

本当に怖いトイレの水漏れ被害 日々生活を送っていると、色んな住まいに関する問題に遭遇してしまうこともあるでしょう。数ある住まいの問題の中でもよく聞かれるのがトイレの水漏れです。トイレは、家にいれば何回も使う場所でもあります。そのため、トラブルが起こってしまうと非常に困ったことになります。トイレが使えなくなるというイメージを持っている人は多いと思いますが、実は受ける被害というのはそれだけではありません。問題を軽視しすぎてしまっていると、後で困ったことになってしまうこともあります。設備を使用することができなくなるだけではなく、さらなる二次被害を引き起こしてしまうこともあるのでどのような問題が発生する可能性があるのかをチェックしておきましょう。

■カビの発生

水漏れが起こってしまうと、湿度が高くなりカビが生えやすい環境になってしまいます。カビが生えてしまうと、中にはアレルギーを持っている人もいるため場合によっては、健康を害してしまう可能性も十分にあります。水が漏れることによってカビが生えてしまうことは、防いでいかなければなりません。
住まいの環境にかかわらず、身体にもよくない影響を与えてしまうことを考えると、カビが生えないようにするためには湿度が発生する水漏れを起こしている状態を放置することは良くありません。また、カビが生えてしまうと、掃除などをしてカビを排除しなければいけないので、その手間暇を考えても非常に困りものです。

■床材の腐食
床などに水があふれるほどの水漏れだったときの場合、トイレの空間内の床材などにも影響を与えてしまいます。床材にもよりますが、木材などを使用している場合床材などを水が腐食してしまうことがあります。床材など自体にまで被害が及んでしまうと、単純に水漏れの修理をする必要があります。さらに床材の交換までもしなければいけなくなってしまうので、余計にお金がかかってしまいます。
費用が余分にかかってしまうという点も考慮すると、とても深刻な問題であることが理解できるでしょう。しかし、トイレから水が漏れてしまうことによって引き起こされる問題には、もっと深刻なケースも存在しています。

■下の階にも影響が

マンションやアパートなど集合住宅に住んでいて、トイレで水漏れが起こった際にはもっと被害が大きくなってしまうことがあります。集合住宅の場合は、一番下の階の1階を除いて下の階の部屋にも人が生活していることになります。そのため、下に人が住んでいる状態で、水漏れを起こしてしまうと時には下の階にまで浸水してしまうことがあります。
このような状態が発生してしまうと、下の階の人の住んでいる空間にまで被害が及んでしまうこともあるでしょう。場合によっては、被害にあった下の階の人の修繕費用などまで負担しなければいけないこともあります。そのことがきっかけで、周辺住民との人間関係が変化することもあります。このようなケースになった際の負担というのを考えると、避けていきたいものです。

■まとめ
以上の被害を見てみてどうだったでしょうか?どの被害に関しても、住まいの環境を変えるだけではなく身体への健康被害をだしたり、より修理などをしなければいけない範囲が広がってしまうこともあります。また、周辺の住民との関係が悪くなってしまうことなどもあります。金銭的な負担も増えてしまうなど、トイレの水漏れが起こってしまうと損をすることだらけで自分の得になることは全く存在しません。この被害例を見て水のトラブルへの意識が変わったという人も居るのではないでしょうか。被害を広げないためにも、水が漏れていることに気づいたら、素早く適切にその原因への対策をしていく必要があります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース